結局、効果のあるバストアップの方法はどれなのだろうか?

私は自分の小さな胸に悩んでいましたので、いろいろなバストアップ方法をやってきました。
その中で、個人的に良かったと思った内のひとつが、バストアップクリームです。
専用のクリームを塗ってマッサージをするというもので、手間もありましたし、使用したクリームはべたつきもありましたので、正直なところ、あまり気に入る方法ではありませんでしたが、でも続けてみたことでハリのアップを実感できたような感じでした。
美容成分のお陰か肌もつるつるになったような感じで、潤いも出てきましたからスキンケアという意味でも良いかなと感じました。
ただ、バストアップ効果としては微妙だったかな?と思うような思わないような感じだったのも本音です。
もちろん、使用するクリームや体質などとの相性もあると思いますが、あまり変化は感じられませんでした。
でも前述したように美容効果は実感できましたから、おっぱいを大きくする方法としては微妙でしたが、美乳のためのバストケアという目的では気に入っています。
もうひとつ良かったと思ったのがバストアップサプリです。
ですが、当初はバストアップサプリはあまり飲みたくないと思っていました。
サプリでも副作用があると聞いた事がありましたから心配で、気が進まなかったのです。
でも、身体の内側から働きかけられるのはメリットだと思うのです。
そういった理由から、お試しで飲むようになりましたが、それから何気に飲み続けています。
心配だった副作用も、実感としては全然ありませんでしたから良かったです。
そして、バストアップに対しても良かったと思えるところがあり、数値としてもちょっとだけ大きくなったと感じられました。
以前との比較で、見た目にもふっくらとした感じで、ボリューム感があり、谷間も作れるようになりましたのでサプリは使ってみる価値があったと思いました。

◇何となく効果があるようなバストアップ方法◇
私は、以前から胸が小さい事が悩みでした。
様々なバストアップ商品なども使用してきましたが、それほど効果を実感できるものはありませんでした。
その他にも、マッサージや体操などの方法もやってみたのですが、一番効果を実感できたのは、胸元とデコルテのマッサージでした。
いつもお風呂の湯船につかりながら行っているのですが、この方法が一番だと感じています。
続けること約半月ほどですが、明らかに胸元にボリュームが出てきたなどという事は無く、触ってみても分かりはしません。
そして、胸の形も整い、自分に自信が持てるようになってくるという事もありません。
ですが、何となく効果があるようなそんな気分になれるのです。
今後もしばらくはこのマッサージを続けていきたいです。

 

◇豊胸手術とバストアップサプリ・マッサージなどによる方法を比較すると◇
バストサイズの小さな女性にとって、豊満なバストを持つ女性らしいボディラインの人は非常に羨ましく映ることは珍しくはないでしょう。
女性らしさの象徴と言うと言い過ぎなのかもしれませんが、いわゆるセックスシンボルがバストであると言えない事もないと思います。
そういったこともあってか、特にバストサイズに関しては女性の関心が強く集まりやすいポイントになっているようです。

確かに、男性からの意見としても、胸の大きな女性が好きという割合は非常に多いように思われます。
しかし、全ての男性が豊満なバストに対して魅力を感じている訳ではありませんし、むしろ小さなバストでのみ強い魅力を感じるという男性も少なくはないと言われています。
詰まるところ、女性の価値はバストサイズでは測れない、という当たり前の話になるのでしょうが、それでもなお、出来るならば胸を大きくする方法を知っておくことには大きな意味があるのかもしれません。

バストアップに効果のある方法はいくつもあり、中でも確実性が高いものは、豊胸手術でしょう。
人工的な方法で、直接的にバストサイズをアップさせるわけですから、効果が高い、或いは確実性が高いのは当然でしょう。
そして、望むだけのバストを手に入れられるという点も魅力です。
しかし、目立つ目立たないに関係なく、体に傷がつく可能性があるうえ、定期的なメンテナンスも必要になる事もあるので、高額なコストが必要になってしまいます。
というか手術には、そもそも最初の時点で高額な費用がかかる場合が多いです。
また、言ってしまえば偽りの体なわけですし、それがコンプレックスに感じられてしまう可能性もあります。
さらに、形や手触りが不自然になる可能性もあります。
胸が小さい事がコンプレックスで、それを解消するための豊胸手術なのに、男性などに胸の不自然さに気付かれないかどうか不安など、新たなコンプレックスの原因にもなりかねないのです。
ですので、豊胸手術に関しては、その費用やリスクなど、十分に慎重な判断をすることが大切です。

豊胸手術以外の方法であれば、マッサージやサプリメントなどを使ったバストアップがあります。
当然の話ですが手術と比較すれば、サプリやマッサージの効果は即効性のあるものではありませんし、何なら全く効果が出来ない可能性もあるので、バストアップに成功する確率という面でも劣る事になります。
実行すればほぼ間違いなく効果のある手術と比べると、目的達成は難しくなってしまうリスクはあります。
ですが、この方法で手に入れたバストは、サイズのみならず形も非常に美しいものになる可能性が高いという大きなメリットがあります。

サプリなど効果がないと思っている人も少なくないでしょう。
ですが、実際にその効果によってバストアップに成功している女性は沢山います。
もっとも必ずしも、サプリを服用しているだけで、簡単に効果が期待できるという訳では無い事も多いでしょう。
実際に成功している人たちは、サプリメントの使用と合わせて、筋トレやマッサージも行うといった、いくつかの方法を効果的に組み合わせている場合が多いようです。
このように、サプリを飲むだけで手軽に胸を大きくするというのは成功率が低いため、成功率を高めるためには、その他の方法との併用が必要にはなります。
ですが、諦めずに努力していけば比較的高い確率で結果に結びついていると言えなくもないようです。
特に、サプリメントとマッサージなどとの組み合わせの効果は大きいのかもしれません。
バストアップサプリを選ぶ上では、迷信的にバストアップに対して効果があると言われているものではなく、科学的な根拠に基づいて効果が期待できるようなものを選美事が大切でしょう。
さらに言えば、日々の食事や、日常の習慣、姿勢などを見直す事も必要になるのかもしれません。

バストアップに関する、おすすめの参考サイトはこちら!
今日からできるバストアップトレーニングと食事改善

 

◇バストアップを成功させるために必要なもの◇
セルフケアでバストアップしたい場合、正しいサイズの下着を正しく見につけたり、胸の土台となる大胸筋に効果的なエクササイズなどを行ったり、栄養が行きやすくなるようにマッサージをして血行を良くすることなどが効果的だと言われているようです。
また、摂取する栄養も重要なため、バストアップに有効な成分の入った食事をしていくことも必要となるのではないでしょうか。
摂取したい栄養素としては、女性ホルモンの分泌を高めるキャベツやハチミツ、海藻類などに含まれるボロン、女性ホルモンに似た働きのするイソフラボンを含んだ大豆製品、良質なタンパク質の含んでいる乳製品などが良いとされています。
これらの成分が含んだ食材をバランス良く日々の食生活に取り入れていくことが大切でしょう。

胸のサイズアップのために食事などから摂りたい栄養は何?

胸が小さくて悩んでいるけれど豊胸手術はちょっと…とお思いの方、食事でバストアップに効く栄養を摂取してみませんか?
バストアップを目指す方が摂りたい成分は大豆イソフラボンとたんぱく質です。
大豆イソフラボンはその名の通り、大豆や大豆の加工食品に多く含まれており、胸の成長を助ける女性ホルモンと似たはたらきをします。
納豆や豆腐などをを食事に積極的に取り入れていきましょう。
また、たんぱく質は体を構成する成分のひとつなので、豊かな胸を作るのに必要です。
肉や魚に多く含まれますが、おすすめなのは鶏のささみです。脂肪が少ないので太りたくない女性も安心して摂取できます。
もちろん、そればかり食べるのはよくありません。
他の栄養素もしっかり摂り、豊かな胸を目指しましょう。

◇バストのケアならこれ!って方法はある?◇
私は昔からバストが小さい上に垂れていて、付き合っている人がいてもバストを見られると幻滅されるのではないかと積極的になれずにいました。
でも20代も後半になり、このままではいけないと思い切って補正下着で有名なお店に相談に行ってみることにしました。
するとスタッフさんの魔法のような手技と素晴らしいブラの力でなんと2カップもアップすることができ、このままつけ続けていれば本当にバストが大きくなり、形もよくなるということだったので少しお値段はお高かったのですが思い切って購入しました。
1年ほどで本当に大きな美バストを手に入れることができ、ケアの大切さを実感することができました。
諦めずに相談してみてよかったです。

◇サプリメントを飲んだらおっぱいを大きくすることが出来るの?◇
子どもが生まれる前はDカップだったのですが、子どもが生まれてから一気におっぱいがしぼんでしまって、Aカップになってしまいました。
せめてBカップぐらいあればまだよかったのですが、さすがにAカップしかないと、おっぱいの膨らみが服の上からじゃ全然わからない状態でしたし、恥ずかしいと思うようになってしまったんです。
以前のカップ数まで戻すことはできなくても、1カップはサイズアップしたいと思ったので、時間がある時にバストアップ効果があると言われているエクササイズやマッサージを行うようにしました。ところが、ちっとも効果がなかった上に、子育てをしながらバストアップに取り組むことが結構難しくて、毎日続けることができなかったんです。
もっと手軽な方法で、なおかつ確実におっぱいを大きくするようなものはないかと思い、インターネットや美容雑誌などを読み漁りました。
そして最終的に辿り着いたのが、バストアップのサプリメントです。
(参考記事:効果のあるバストアップの方法はどれ?
最初、サプリメントは副作用があるのではないかと思って不安に感じていたのですが、普段よく参考にしているコスメサイトの口コミをチェックしてみたら、意外と評価の高いサプリメントが色々とあったので、安心して試すことができると思ったんです。
それで、一番評価が高かったバストアップのサプリメントを購入し、飲み始めることにしました。
即効性はないと思い込んでいましたが、飲み始めてから比較的すぐに胸の痛みを感じて、ハリが出てきました。
月経前に感じるような胸の痛みだったので、これは確実に効果があると思いました。
そして、しばらくサプリメントを飲み続けてみたところ、だんだんおっぱいのお肉がブラジャーにおさまらなくなってきて、カップ数が見事にあがりました。
出産を経験してからAカップしかなかったのに、今では出産前と同じDカップあります。
サプリメントだけでバストアップすることができて、本当に助かりました。
試してよかったです。

年齢に関係なくバストアップはできるものなの?

バストの大きさは、成長ホルモンの影響で成長期を逃すともう大きくなることはない、とお思いの方も多いでしょう。
しかし、大人になってからでもバストアップをすることは可能なのです。
バストアップに欠かせないのが、女性ホルモンです。女性ホルモンは大人になってからも分泌されているホルモンです。
このホルモンが活発に分泌されているとバストにハリがでて、バストアップにも繋がります。
食生活や生活習慣の見直しでホルモンバランスを整えることができます。

◇女性に必要なバストのケアについて◇
バストの美しさは女性の最大の魅力になります。そのケアによって美しさを保ち、その魅力を最大限引き出すことが出来ます。
バストの両脇にはリンパが流れています。
その流れが滞ってしまうと塊が出来て形も崩れます。
リンパを流すマッサージケアをすることで、ハリが出て、柔らかくマシュマロのような触感になります。
そして、バスト周りの筋力が落ちると垂れてしまうので、筋肉を鍛えるエクササイズ、また体幹を鍛えることで姿勢が良くなり、バストが上向きの美しい形になります。
そして、肌のケアも大切です。ブラジャーのこすれなどで黒ずみができないように、肌のターンオーバーを正常化させることを心がけます。
保湿をしっかりと行う、栄養バランスを考えた食生活、適度な運動などを行ってバストの肌トラブルを起こさないような生活を心がけることも大切なのです。

◇バストアップと女性ホルモンの関係は?◇
女性の身体は、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが分泌されています。
この2つのホルモンは、月経周期に合わせて、周期的に分泌量が変化しています。
女性らしい丸みを帯びたか体付きを作る、つまりバストアップさせるホルモンは、2つのうちの、エストロゲンの方です。
不規則な生活を続けたり、疲労やストレスを貯めすぎたり、極端なダイエット等で栄養不足になったりすると、ホルモンの周期的なバランスが乱れてしまいます。
体内のバストアップのためには、ホルモンバランスを整えることが大切です。
そのためには、適度な運動と十分な睡眠を取り、栄養バランスの取れた食事を一日三回きちんと取って、規則正しい生活を心がけましょう。